イタリアネット » Archive of '10月, 2013'

思い切ってクシャミができない

高齢の母が、くしゃみをしたり咳をすると尿が漏れて困るというので、ホームセンターで大人の紙オムツを買ってきたのですが、どうも、違和感を感じるらしく使おうとしません。

と言うより、「ちょっと失礼じゃない!」といって怒ってるのです。
そこで、尿もれ用の薄型ナプキンを買ってきたのですが、木綿のパンツでは、何となく使いにくいということで没となりました。

結局、ショーツ型の尿もれパンツを購入しました。
女性用の尿もれショーツは案外簡単に手に入るのですが、男性用の尿もれパンツはどうなのでしょう。

尿もれは尿失禁といって、病院で治療することによって改善されるそうですが、高齢になると病院に行かないで諦めてしまう人が多いようです。

尿失禁の種類には、母のように咳やくしゃみで尿がもれる腹圧性尿失禁、トイレが間に合わず漏らしてしまい、夜中に何度もトイレに行く切迫性失禁、夜中にトイレにいかなけれども、トイレが間に合わないことが特徴の感覚切迫性尿失禁と3種類に分類されるようです。

尿失禁の90%以上は女性といわれていますが、男性にもある疾患です。
尿失禁で悩む女性の半数以上は腹圧性尿失禁といわれています。

まずは、病院で診察して貰うことがだいじです。
そのうえで、サポート的に尿もれショーツを利用しましょう。
尿もれグッズは軽失禁パンツのウェルドライが参考になります。

Posted in 医療